ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) ■クルージング
FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■クルージング

水陸両用バスで大阪市内観光『大阪ダックツアー』(川の駅はちけんや)天満橋

s-20190522P5220101.jpg
「大阪ダックツアー」に参加してきました。

s-20190522P5220093.jpg
s-20190522P5220095.jpg
一つ前の便を眺めていましたが、かろうじて浮かんでいるおぼれている車!
他の船に抜かされまくっていてまるで流されているようです!(爆)

s-20190522P5220103.jpg
s-20190522P5220087.jpg
大阪ダックツアーの集合場所は、
大阪市中央区北浜東1-2 川の駅はちけんや地下1階
当日席が空いている場合は予約なしでも参加可能。

s-20190522P5220105.jpg
通常コース(3月20日~11月30日)
往復約90分(陸上60分+水上30分)
大人:3,500円、小人:2,000円、2歳以下:500円

冬季コース(12月1日~3月19日)
往復約75分(陸上45分+水上30分)
大人:2,900円、小人:1,800円、2歳以下:400円

s-20190522P5220111.jpg
s-20190522P5220115.jpg
水陸両用バスは車体の大きさは全長が全長11.87m、全幅は2.45m、全高3.65m

s-20190522P5220123.jpg
s-20190522P5220122.jpg
スクリューは意外と小さめです。

s-20190522P5220126.jpg
一見装甲車の様に見えるバスは、車高が3.7mもあり、タラップから乗車します。

ボディのラッピングが左右異なっていますね!それにしても派手です。
水上に浮かんでいるときは、電話番号より上の部分が水上に浮かびます。

s-20190522P5220129.jpg
乗ってしまえばバスの車内とあまり変わりませんが、
普通のバスと違うのは、座席が防水シートであること。

また、バスには屋根はあるものの、窓にはガラスがなく開放感があります。

s-20190522P5220132.jpg
水陸両用バスの運転席はこのようになっています。
殆ど車の運転席に近いですね。

s-20190522P5220144.jpg
先に陸上からスタートします。市内に出た途端、
通行人からの熱い視線がたまりません!
また、窓がないためガイドさんのマイクの声も外に丸聞こえになります。
ガイドさんの面白いトークで、参加者もノリノリに!

ルートは「大阪造幣局」→「大阪城」→「太閤園」→「泉布観」→
「旧大阪市公館」→「大阪歴史博物館」→「大阪府庁」→
「桜之宮公園」など大阪の名所や旧跡などを観光します。(車窓のみ)

s-20190522P5220147.jpg
車高の高い車窓!見慣れている大阪市内の街並みも普段と違います。

s-20190522P5220153.jpg
大阪府庁前ではお巡りさんとの絡みがあり爆笑!

s-20190522P5220160.jpg
知りませんでしたが、安土桃山時代の秀吉大阪城の石垣があります。
大阪人でも知らない大阪の歴史を沢山教えてくれます!

s-20190522P5220168.jpg
「桜ノ宮公園」に、車ごと入れる浜辺があるんですね~。

s-20190522P5220173.jpgs-20190522P5220175.jpg
ここでピンクのズボンの船長登場!
車を運転していたドライバーから、船を操縦する船長にバトンタッチ。

s-20190522P5220180.jpg
水陸両用バスは豪快に大川へドボン!まさにダイナミックでエキゾチック!
車で川に飛び込んだ気分になります。この瞬間は思った以上に楽しめますよ。

s-20190522P5220204.jpg
これはなかなかみる事ができないショットです!牛乳パック!

s-20190522P5220199.jpg
水陸両用バスは「中之島公園」辺りで旋回し、「桜之宮公園」へ戻ります。

s-20190522P5220212.jpg
お土産もあります。かっぱとアヒルのハーフ「ダッパ」です。

s-20190522P5220223.jpgs-20190522P5220222.jpg
再びバスのドライバーに交代後、「天神橋筋商店街」→
「大阪天満宮」→「松屋町筋」→「川の町はちけんや」へ戻って
90分のツアーは終了。

ずっと座っているだけなので疲れず楽ちんです。
ガイドさんの大阪のノリが最高で、90分楽しめせてくれますよ。


ネタバレになりますが、90分を10分にまとめました。
良ければご覧ください。

大阪ダックツアー
集合場所:大阪市中央区北浜東1-2 川の駅はちけんや地下1階
最寄り駅:大阪メトロ 天満橋駅
3月20日~11月30日往復約90分(陸上60分+水上30分)
大人:3,500円、小人:2,000円、2歳以下:500円
1便 09:15発、2便 11:15発、3便 13:15発
4便 15:15発、 5便 17:15発
12月1日~3月19日往復約75分(陸上45分+水上30分)
大人:2,900円、小人:1,800円、2歳以下:400円
1便 10:00発、 2便 11:45発、3便 13:30発、4便15:15発
定休日: 無休

宮城旅行 松島編(1)『丸文松島汽船』 芭蕉コースで本塩釜→松島クルージング

P6130675.jpg
宮城2日目は松島旅行へ出かけました!

P6130636.jpgP6130638.jpg
P6130641.jpgP6130643.jpg
9時半にホテルをチェックアウト後、JR仙石線
仙台9時57分発本塩釜10時35分着の電車に乗りました。

P6130644.jpgP6130646.jpg
P6130647.jpg
1P6130652.jpgP6130655.jpg
本塩釜駅からは、イオンモール沿いにマリンロードを渡ると
海が見えてきました!派手なやチャーター船など沢山停泊しています。

P6130682.jpgP6130660.jpg
P6130666.jpgP6130663.jpg
10分ほどでマリンゲート塩釜に到着。

中にはちょっとしたお土産屋さんがあります。

P6130671.jpgP6130672.jpg
マリンゲート塩釜は2つの船が出航しているんですね。
浦戸諸島市営汽船では、浦戸諸島の島めぐりができるみたい。
それも楽しそう~。私は、丸文松島汽船
11:00発島めぐり芭蕉コース塩釜→松島行きの片道50分コースです。
松尾芭蕉が松島を通ったルートだそう。
事前に予約していたからか、1500円が1350円でした。

P6130683.jpg
船が到着しました。10分前集合なので時間的に丁度でした。
乗ってみると乗客3組4人!

P6130684.jpg
P6130685.jpg
船内はこんな感じです。

P6130687.jpg
3階はグリーンですって。

P6130691.jpgP6130692.jpg
ちょっとしたお土産と、ソフトドリンクなども販売されています。

P6130688.jpgP6130752 - コピー
海は正直綺麗ではありませんが、一番深い所でも水深2mだそうで、
水が濁りやすいんですね。

P6130723 - コピー
松島はリアス式海岸がさらに進んだ沈降地形で、
海底山山頂が島となっています。

松島湾は宮城県東松島市の唐戸島南東端と
宮城郡七ヶ浜町の花渕埼の間にある多島海で、
塩竈市の松島湾南西部は塩竈湾(千賀ノ浦)と呼ばれています。
松島湾中南部にある比較的大きな島々の集まりは浦戸諸島だそうです。

松島湾には200以上の島が点在しているんですって。
620人住人がいましたが、震災以降人口が減少続けているそうです。

P6130704.jpg
曲木(まがき)島

P6130706.jpg
最近再建された魚工場ですって。

P6130716.jpg
東北電力

P6130727.jpg
仁王島。松島を象徴する島のひとつ。
仁王像が葉巻をくわえて座っているように見える。 (?)

P6130734 - コピー
鐘島。 4つ穴の開いた珍しい島
4つの洞門に打ち寄せる波が鐘の音のように聞こえたことが名の由来。

P6130761.jpg
砂浜のある無人島。

P6130743 - コピー
鎧島。波頭のような形状をしています。

P6130718.jpgP6130729.jpg
P6130742.jpgP6130749 - コピー
P6130750.jpgP6130755 - コピー
他にも沢山の島がありました。
全て名前がついてるんでしょうけど分かりません。^^;

P6130764 - コピー
五大堂


よければ動画をご覧ください。

P6130772.jpgP6130770.jpg
松島港に到着しました。色んな遊覧船があるんですね~。
本塩釜発の船に比べると沢山の人が乗船していました。

P6130769.jpg
私が乗船したのは「あすか」です。

仙台から松島までJRでも行けますが、松島の手前にある
本塩釜から松島までは遊覧船を利用。帰りは
松島海岸→仙台→仙台空港とJRを使ったのでした。

つづく

丸文松島汽船
芭蕉コース(片道50分)
塩釜発⇒松島着
9:00、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00
松島発⇒塩釜着
10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00
政宗コース(遊覧船50分)
9:00、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00
2等(1階) 大人¥1,500 大学・高校・中学 ¥1,500 小学生 ¥750
グリーン(2階) 大人¥2,100 大学・高校・中学 ¥2,100 小学生 ¥1,050
1等(3階) 大人¥2,900 大学・高校・中学 ¥2,900 小学生 ¥1,450

マリンゲート塩釜
宮城県塩竈市港町一丁目4-1
JR仙石線ご利用の場合(仙台駅より約30分)
各駅-JR仙台駅-〔仙石線〕-本塩釜駅より、徒歩約10分

大川沿い桜並木遊歩道散策(3)水上バスアクアライナーでお花見クルーズ(OAP港~大阪城公園港~淀屋橋港)

s-20190330P3300260.jpg
s-20190330P3300285.jpg
s-20190330P3300238.jpg
雨が本降りになってきたので、OAP港から天満橋まで
水上バスアクアライナーで行こうと思ったら
天満橋(八軒家浜)は通り過ぎるだけとの事。
まあいいかと乗船することにしました。

s-20190330P3300237.jpg
ルートは、OAP→大阪城港→淀屋橋港で片道1600円でした。
どんどん値段が上がっていきますね。

s-20190330P3300235.jpg
OAP港の乗り場

s-20190330P3300240.jpg
帝国ホテル前の遊歩道

s-20190330P3300242.jpg
s-20190330P3300246.jpg
16:40発の船に乗りました。沢山の人が降りられて、
乗船したのは私達のみでした。
座席指定ですが、好きな場所に変わってもいいとの事。

s-20190330P3300249.jpg
船内はこんな感じ。

s-20190330P3300253.jpg
売店もあります。勧められるままにビール(400円)を購入。

s-20190330P3300259.jpg
春限定のスーパードライがとても可愛いですね。

s-20190330P3300273.jpgs-20190330P3300272.jpg
大阪城港でびっくりする程外国人が乗船。
それでも乗船率5割弱ですが。

s-20190330P3300278.jpg
天満橋は素通りです。屋台も結構出ているみたいでした。

s-20190330P3300287.jpg
s-20190330P3300289.jpgs-20190330P3300290.jpg
淀屋橋港へ到着しました。


動画はこちら

過去記事
グルメミュージック船ひまわり と水上バスアクアライナー (2008.06.09)
大阪中之島クルーズ (2007.10.10)
落語家と行く なにわ探検クルーズ (2008.04.15)

水上バスアクアライナー
乗り場:大阪城港・淀屋橋港・八軒家浜船着場・OAP港
中之島巡り大人:1,700円 / こども(小学生):850円 ※税込
途中下車の場合区間割引があります。

「瀞峡ウォータージェット船」で「瀞峡クルージング」(志古~百夜月)と「瀞峡めぐりの里 熊野川」(和歌山県新宮市熊野川町日足)

s-P8110174.jpg
s-P8110151.jpgs-P8110153.jpg
谷瀬のつり橋の後は瀞峡へ。
瀞峡クルージングと言えば、以前十津川キャンプ場から出ていて
屋根のない船で「貸切5000円でどう?」と言われて
乗った事あるんですが、何十年も前のお話。
今は和歌山の新宮か、三重県側まで行かないとクルージングは無いみたい。

今いる場所から2時間かかりますが、時間に余裕もあるので
行ってみる事にしました。

s-P8110155.jpg
瀞峡めぐりの里 熊野川

s-P8110156.jpg
熊野川の石碑

s-P8110158.jpg
まだ大丈夫だと思ったんですが、瀞峡巡りは最終が14:30で出た所でした。
この表を見た時14:45…。往復2時間のクルージングなんですね。
乗りたかったなー。

s-P8110159.jpg
でも幸い、15:40発のミニコースなら間に合いました。

s-P8110160.jpg
s-P8110161.jpg
乗船まで1時間もあるので売店を物色。

s-P8110162.jpgs-P8110165.jpg
中にレストランもあります。

s-P8110166.jpg
ジェット船の乗り場

s-P8110164.jpg
s-P8110167.jpg
s-P8110169.jpg
目の前に熊野川が流れています。

s-P8110175.jpg
やっと時間が来たので船に乗り込みます。
もっといると思ったら、私達以外に1組だけの4人でした。

s-P8110177.jpg
s-P8110182.jpg
船は結構年季があって屋根付きです。
窓を開けられるので涼しいです。

s-P8110204.jpg
水がめっちゃ綺麗でした。浅い感じですが結構深いのかな?


動画も良かったらご覧ください。

s-P8110208.jpg
クルージング後に梅ソフトを食べました。
しっかり梅酒の味がして美味しかったです。

瀞峡めぐりの里 熊野川
和歌山県新宮市熊野川町日足272

世界遺産 川の熊野古道ミニ体験クルーズ
所要時間:往復 約30~40分
運航コース:志古乗船場~百夜月~志古乗船場(往復)
運航時間 15:40
運賃:大人820円 小児410円

キャプテンラインと帆船型観光船サンタマリア号(天保山/海遊館)

s-P1013830.jpg
s-P1013832.jpg
魔法の美術館へ行く途中に目に入った大阪港内体験乗船の看板。

聞くと大阪港開港150周年記念で
無料でキャプテンラインとサンタマリア号に乗船できるとか!

s-P1013833.jpg
s-P1013838.jpg
整理券をいただきました。

s-P1013840.jpgs-P1013836.jpg
s-P1013841.jpg
私達が乗船した船はこちら。
海遊館とUSJへを結ぶ船ですが、今回は周遊をぐるっと廻ってくれるんです。

s-P1013834.jpg
本来の料金は片道700円。

s-P1013842.jpg
s-P1013843.jpg
それではいざ!キャプテンラインは乗るの初めて。
暑いけど、船内ではなくデッキに上がりました。

s-P1013848.jpg
手を振ってくれています。


動画はこちら

s-P1013851.jpg
巨大な客船が泊まっています。
スーパースターヴァーゴ
大阪~横浜~清水~鹿児島~上海~大阪の
7泊8日のクルージングです。大阪港発着 108,000円~468,000円。

s-P1013856.jpg
バルコニー付きがイイですよね。^^ウォータースライダーもあるし~♪
なんかこれを見るための乗船体験っぽかったです。

s-P1013858.jpg
横から見たスーパースターヴァーゴ

観覧車もついて…いません。

s-P1013861.jpgs-P1013859.jpg
s-P1013983.jpg
スーパースターヴァーゴには乗れませんが(悲)
次のサンタマリア号にも乗船しました。

s-P1013970.jpg
300人×5回の無料乗船。太っ腹ですね。

s-P1013982.jpg
s-P1013981.jpg
凄い人!難民の様です。

過去記事はこちら
サンタマリア号 デイクルーズ~大観覧車(2007.12.07)

帆船型観光船です。

s-P1014006.jpg
高さ28mもあるマスト。停泊中のみ揚げています。

s-P1013984.jpg
s-P1014002.jpg
船内は結構広くてレストランもあります。
300人乗ってもまだ余裕がある感じ。

s-P1013985.jpg
s-P1013987.jpg
コロンブスの部屋

1400年代後期に大西洋を横断した
サンタマリア号、コロンブスにまつわる展示もあります。
大航海時代の船はかっこいいですね。
私サンタマリア号は海賊船かと思っていました。

この日はここでマジックショーもやっていたんですが、
見るの忘れてしまいました。

s-P1013990.jpg
デイクルーズとナイトクルーズのコース。
一度夜も乗ってみたいです。要予約だとか。

s-P1013994.jpg
s-P1014003.jpg
暑いけどまた外へ。

船首、中央デッキ、船尾デッキとあります。

s-P1013999.jpg
港大橋


人だらけなのであまり写真が撮れず・・。動画があります。^^;

s-P1014004.jpg
あっという間に着岸。でも45分間って丁度いいですね。とても楽しめました。

シャトルクルーザーキャプテンライン
大 人\700往復\1,300
小 人\400往復\700
幼 児\300往復\500

帆船型観光船サンタマリア
デイクルーズ(約45分) 大人 1,600円 子ども 800円
トワイライトクルーズ(約60分)※予約制 大人 2,100円 子ども 1,050円

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

「ぐるなび」メシコレ
キュレーター

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ
相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ