ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 西播磨旅行 灘菊酒造の膳所 西蔵で黒田官兵衛の大返しめし(兵庫県姫路市手柄)
FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2019年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年07月
TOP└グルメ‐兵庫県姫路市 ≫ 西播磨旅行 灘菊酒造の膳所 西蔵で黒田官兵衛の大返しめし(兵庫県姫路市手柄)

西播磨旅行 灘菊酒造の膳所 西蔵で黒田官兵衛の大返しめし(兵庫県姫路市手柄)

DSC_1033s-.jpg

姫路城 のあとはお待ちかねの昼食タイム。

訪れたのは姫路城から車で15分ほどの 灘菊酒造


DSC_1034s-_20170316235321e0b.jpg

明治43年創業木造の酒造は2700坪にも及びます。


黒田官兵衛筆頭家老である、栗山善助屋敷跡なんですって。


DSC_1035s-.jpg
DSC_1036s-_20170316235325b5b.jpg
DSC_1040s-.jpg

見学もそこそこに…。

釜場~中藏~西蔵へと移動。


DSC_1053s-.jpg

天井の高い木造の西蔵 は、昭和30年代までは酒母を作っていた蔵だそうです。

現在は飲食や催事が行われるスペースに。。


団体利用でしたが、個人では前蔵 で同じ食事をいただくことができます。


DSC_1045s-_20170316235328ae5.jpg

酒樽を切って作ったテーブルが酒蔵らしい。



料理は1575円からあるんですよね。これだけあれこれついてて安い!

しかも、いつも体に悪そうなものばかり好んで食べるので、健康的で嬉しい。^^♪


DSC_1060s-_20170316235329599.jpg

中国大返しはよく知られていますが・・大返しめしって



DSC_1071s-_20170317000716306.jpg

昼夜寝ずに高松城から姫路城に引き返した大軍たちに

ありったけの振る舞いをした料理。。を再現したのかどうかは定かではありませんが、

歴史に思いを馳せながらの昼食は格別に美味しいです。

DSC_1059s-.jpg

前菜五種盛りと自家製 魚の吟醸粕漬け


DSC_1065s-.jpg

酒蔵鍋


こんにゃく、大根、豚肉などが入ったお味噌汁です。

さっと火を通しただけの大根が美味しかったです。


DSC_1051s-_20170316235337cb6.jpg
DSC_1052s-_20170316235338764.jpg

食前酒にとろろ、自家製ざるこし豆冨


DSC_1062s-_2017031623533197b.jpg
DSC_1063s-.jpg

麦飯は結構食べられますね。おかわりしてしまいました。


DSC_1075s-.jpg
DSC_1067s-.jpg
DSC_1072s-_201703170007214ff.jpg

食後は工場見学もとい試飲へ。


DSC_1077s-_20170317000722929.jpg

大吟醸酒 造之助は、一升瓶で1万円だそうです。


試飲は無料ではありませんが、なみなみ継いで300円。


DSC_1083s-.jpgDSC_1084s-_201703170012564af.jpg

色々と試飲してみました。


DSC_1086s-_20170317000724804.jpg

蔵人はアルコール36度。


氷を入れて「くっ」といただくと、「かーっ。」としてきて、飲みごたえがあります。

甘口で私好み。この後、ほかのお酒が水のように感じました。


DSC_1088s-.jpg

お昼に頂いた食前酒だそうです。灘菊でした。


DSC_1089s-.jpg

こぼれ梅


少し食べてみましたけどこれクセになるお味。美味しかったです。


つづく


灘菊酒造

兵庫県姫路市手柄1-121

山陽電鉄手柄駅より徒歩5分
関連記事
Trackback

Trackback URL


記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

「ぐるなび」メシコレ
キュレーター

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ
相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ