ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 『メモリアルホールやすらぎ』で身内だけの家族葬(兵庫県三田市対中町)
FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP◆独り言 ≫ 『メモリアルホールやすらぎ』で身内だけの家族葬(兵庫県三田市対中町)

『メモリアルホールやすらぎ』で身内だけの家族葬(兵庫県三田市対中町)

2018120601.jpg
あげていいものか悩みましたが、アップします。

義父が先月他界しました。

定年してから10年が経っており、会社関係を呼ぶこともなく、
通夜式は遺族9名、告別式は、義父方の親族のみを呼び、
合計23名の小さな家族葬となりました。

最近は、初七日も四十九日も簡素化され、
式場も、豪華なリビング付き会館が増えていますね。
家族葬なら、他人に気を遣わなくていいので、
精神的にも時間的にもゆとりがあって、とても感動する家族葬になりました。

臨終から通夜式までの間、遺体は安置サービスなどもありますが、
実家の普段寝ていた寝室へ。通夜までの丸一日実家で過ごします。
10年間、介護施設と病院を往ったり来たりの生活から解放されて、
やっと帰ってくることができました。

家族が集まり、合計9人が実家に寝泊まりし、翌日が通夜です。
義父の葬儀は、メモリアルホールやすらぎで行いました。
会館は北神戸エリアに7つあり、どの会館も
リビング、ダイニング、和室、浴室付きで、ぴかぴかです。

生前から決めていた葬儀社で、会館が希望と違いましたが
台風の影響で、休館中なら仕方がありません。
三田市民ではないので、火葬料金が少しあがりますが
場所的には近いんですよね。駅からもすぐ。

20181206001.jpg
和モダンな葬儀場で、式場から洋室、和室までつながっているのが
故人との距離が近くてよかったです。

祭壇も、ケチると殺風景な祭壇になったりしますが、
胡蝶蘭がいっぱいで、インキ臭さの無い豪華な祭壇でした。

2018120605.jpg
リビングと和室。新築のいい香りがします。

13時頃着いたのかうろ覚えですが、「湯灌」、「死化粧」、「納棺式」と
家族みんなでやった感じで、初めての経験です。

白い着物ではなく、生前働いていた頃のスーツを着せてもらいました。
普段着ない白装束よりずっと良かったです。

私が8年かけてやっと満願した、西国霊場の御朱印も棺に入れました。
間に合ってよかった、ちゃんと満願の証の印入りです。

なんやかんやでお昼を食べる時間もなく、
18時30分から通夜式が始まりました。

宗派は東本願寺大谷派だそうで、(記事
読経本を渡され、お寺さんと一緒に読経します。
そのお経は初めて聞くものでした。

私の会社は、忌引き休暇は使えないと言われましたが、
供花を届けてくれました。供花は対で2万円、一基1万円です。
HPから供花の申し込みができるようになっていて、
別で手配しなくていいのは便利なシステムです。

忌引きが使えないなら言わなきゃよかったんですが、
なんで無いのか、後々契約書見てもあるハズなのに謎。

47687005_1985615951519031_815770493175988224_n.jpg
和室の押し入れには、布団が6セットありました。
普通レンタル一組1万円位しますよね。
9人いましたけど、ちょっと雑魚寝な感じで快適に熟睡できました。

48051659_1985616344852325_5575736954667925504_n.jpg
48281543_1985616288185664_1317530356768833536_n.jpg
浴室はこんな感じでした。

201812060006.jpg
サムイは何故か3セット、アメニティやタオルなどは
人数分用意されていました。

47431261_1985616081519018_9046645119150718976_n.jpg
コーヒー、緑茶、紅茶は24時間飲み放題です。

47681462_1985616118185681_1204408747917574144_n.jpg
47152480_1985616181519008_905538835830538240_n.jpg
部屋の中の冷蔵庫。シンクのみで、コンロはありません。

夜ご飯は外食し、ビールなどは、セブンイレブンと、ジャパンで買い込みます。
徒歩圏内にお店が沢山あって、不自由ありませんでした。
ちなみに朝ごはんはマクドナルドです。

47577860_1985615001519126_6732139100771450880_n.jpg
告別式には親族も加わり、読経も通夜式と同じく
皆で読みました。親族の方が、大谷派を知っているのか
大合唱になっていました。

お骨あげは、私は外で待っていましたが、骨になった姿を見るのは
悲しみの真っ最中に、とても辛い儀式です。

残った遺灰をハンカチに包み、
全部の遺灰を持って帰れなかったと泣いている義理姉に
どう声を掛けていいのか分かりませんでした。
事前に用意して居れば、と思いましたが、
私の知っている葬式と言えば、
遺骨は大事な部分だけを拾う、小さな骨壺でした。
関東の骨壺は大きいそうで、全部の遺骨を入れるそうです。

親戚が、神戸よりは骨壺大きくてよかったよ。
と慰めていました。胸が痛みますね。

精進落としは、「創作料理 六甲庵」で取り寄せた料理を
法事法要室をお借りして、いただきました。

小規模な家族葬なのに、式場丸々貸切2日間。
臨終からアフターサービスまで、ここまでやってくれるんだなと
びっくりする程、親身になってくれる葬儀屋さんでした。

四十九日は、休みの関係もあって、大晦日にしましたが、
経本、お経のCDを流してお寺さんは呼ばずに家族だけで行いました。

メモリアルホールやすらぎ
兵庫県三田市対中町4-4
関連記事
Trackback

Trackback URL


記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

「ぐるなび」メシコレ
キュレーター

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ
相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ