ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報) 名古屋港ガーデンふ頭 南極の博物館「南極観測船ふじ」(名古屋市港区港町)
FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメブログ&おでかけ情報)

大阪発!旅行やお出かけ、食べ歩きブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2019年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年08月
TOP国内旅行‐愛知県 ≫ 名古屋港ガーデンふ頭 南極の博物館「南極観測船ふじ」(名古屋市港区港町)

名古屋港ガーデンふ頭 南極の博物館「南極観測船ふじ」(名古屋市港区港町)

s-20190128P1270064.jpg
地下鉄東山線を乗り継いで名古屋港で下車しました。

s-20190128P1270062.jpg
s-20190128P1270087.jpg
名古屋港ガーデンふ頭

日曜日だというのにひっそりしていますね。

s-20190128P1270082.jpg
入場料は300円と安いです。
海洋博物館、展望室の3施設共通券だと700円。
博物館は行かなくても別によかったかなぁ。
取りあえず、3施設共通券を購入しました。

水族館もあったんですが、名古屋に来てまで
水族館はいいかなーと行きませんでした。

s-20190128P1270077.jpg
タロ・ジロの銅像

昭和31年第一次南極観測隊「宗谷」に同行した白樺犬です。

南極物語1983年(昭和58年)を見て、
当時、あれが実話だとは知りませんでした。

s-20190128P1270086.jpg
中型雪上車SM50S

s-20190128P1270080.jpg
s-20190128P1270092.jpg
二代目の南極観測隊「ふじ」は、
日本では初となる極地用の本格的な砕氷艦です。

1965年(昭和40年)から18年間現役を終えた後、
1985年(昭和60年)からは「南極の博物館」として
ガーデンふ頭に永久係留されています。

s-20190128P1270090.jpg
南極料理人や、昭和基地から発信しているブログで
とても興味があった観測船が、名古屋港に展示されているとは
知りませんでした。

s-20190128P1270094.jpg
s-20190128P1270102.jpg
中に入ると私しかいません。
現役のころは、ここに何百人も乗っていて
南極まで航海したんですねー。

s-20190128P1270106.jpg
食堂

テーブルとイスは床に固定されています。
今は6席だけになっていますが、
幹部を除く乗務員が食事をした場所で、100人一斉に
食事ができたそうです。

s-20190128P1270110.jpg
調理場

一瞬人だと思ってドキッとしました。

s-20190128P1270111.jpg
美味しそうな給食!

s-20190128P1270108.jpg
クリスマスやお正月などは特別メニューが登場します。

船内ではもやしも栽培していたそうです。

s-20190128P1270119.jpg
湯沸し器

s-20190128P1270124.jpg
船内の食堂や居室・診療所・理髪店などを
窓越しに隅々まで見学することができます。

s-20190128P1270134.jpg
電信室

2キロワット送信機で、南極から日本に通信することができます。
南極の料理人では通話料がめちゃくちゃ確か高かった気がします。

s-20190128P1270137.jpg
酒保

チケット制の売店で、作業終了時1時間のみの営業だそうです。

s-20190128P1270145.jpg
s-20190128P1270155.jpg
s-20190128P1270158.jpg
士官室

s-20190128P1270163.jpg
医務室

医者も乗ってるんですね。
ふじの航海は約5か月間。240人の健康管理を行っています。
手術ができる設備もあったそうです。

s-20190128P1270169.jpg
s-20190128P1270171.jpg
理髪室

s-20190128P1270174.jpg
鏡越しに絶対目が合います。怖い。

s-20190128P1270178.jpg
庶務室

s-20190128P1270180.jpg
先任海曹の10人居室

s-20190128P1270199.jpg
s-20190128P1270194.jpg
s-20190128P1270193.jpg
第二移住区

s-20190128P1270205.jpg
s-20190128P1270206.jpg
第十二観測隊員寝室

s-20190128P1270211.jpg
s-20190128P1270212.jpg
南極の博物館

s-20190128P1270217.jpg
s-20190128P1270218.jpg
南極の氷が展示されています。

s-20190128P1270226.jpg
s-20190128P1270225.jpg
s-20190128P1270227.jpg
s-20190128P1270228.jpg
南極観測船は、宗谷、ふじ、しらせ1、しらせ2
があって、現役はしらせ2です。

s-20190128P1270234.jpg
s-20190128P1270236.jpg
昭和基地はこんな感じになっているそうです。

南極に日本の基地は現在「昭和基地」、
「みずほ基地」、「あすか基地」があります。

南極観測隊は毎年募集しています。なりたいわぁ。
ちなみに、タロとジロの時は数名死亡しています。

s-20190128P1270231.jpg
ドラマチックシアター

s-20190128P1270238.jpg
s-20190128P1270241.jpg
s-20190128P1270244.jpg
飛行甲板

1965年の第7次~第15次観測の際ふじに乗っていたヘリコプターです。

s-20190128P1270251.jpg
ふじの広場

南極大陸の形をした芝生が見えます。

s-20190128P1270242.jpg

s-20190128P1270262.jpg
s-20190128P1270266.jpg
ブリッジ内にも入れます。


南極の博物館「南極観測船ふじ」だけで、
とても見ごたえがあって楽しめました。

s-20190128P1270345.jpg
3施設共通券を購入したので、海洋博物館と
展望室は記事を分けます。

名古屋港ガーデンふ頭体験型歴史的資料「南極観測船ふじ」
名古屋市港区港町1番9号
入館料:300円 3施設共通券:大人 700円 小人400円
地下鉄東山線「栄」駅乗りかえ、名城線金山方面(左回り)「名古屋港」行き
終点「名古屋港」駅下車(3番出口)徒歩5分
関連記事
Trackback

Trackback URL


記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

「ぐるなび」メシコレ
キュレーター

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ブログタイムズ
相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ