FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2021年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ おでかけ‐大阪市阿倍野区

『あべのハルカス美術館』で「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」2020.3.28まで開催!(大阪市阿倍野区阿倍野筋)天王寺

3P1290077.jpg
あべのハルカス美術館 では2020.1.30(土)~3.28(日)まで
「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」
が開催しています。

入場料は大人1,500円、大高生1,100円、中小生500円
(前売り大人1,300円、大高生900円、中小生300円)です。

P1290096.jpg
リヒテンシュタイン公国は人口約34,000人、国土は小豆島程の小国ですが、
とても豊かな国なんだとか!

君主はリヒテンシュタイン家の当主による男子世襲制で
2019年に建国300年を迎えました。

国家の外にも沢山の領土を持つ資産家で
公の費用はリヒテンシュタイン家の私有財産から拠出されています。

リヒテンシュタイン家が先祖代々収集してきた
126点のコレクションの数々があべのハルカス美術館に展示されています。
本来撮影不可(一部OK)ですが、許可をいただいていますので
さらっとご紹介!

3P1290101.jpg
第1章「リヒテンシュタイン侯爵家の歴史と貴族の生活」

歴代侯爵の肖像画や宮廷生活の雰囲気を伝える絵画の展示です。

3P1290125.jpg
第2章「宗教画」

16世紀から17世紀にかけて収集した宗教画のコレクションです。

3P1290186.jpg
第3章「神話画・歴史画」

ギリシャやローマ神話を主題とした歴史画や、絵付けした
陶磁器のコレクションの展示です。

3P1290218.jpg
第4章「磁器-西洋と東洋の違い」

15世紀頃の中国や日本の陶器の展示です。

P1290231.jpg
第5章「ウィーンの磁器製作所」

17世紀にウィーン窯で作られた陶器の展示。

3P1290238.jpg
第6章「風景画」

3P1290257.jpg3P1290261.jpg
第7章「花の静止画」

16世紀~17世紀に発展した絵画ジャンルです。
繊細でとても綺麗でした。

3P1290242.jpg
第7章のみ撮影可能でSNSなどに投稿も可能です。

3P1290084.jpg3P1290269.jpg
小泉幸太郎さんのナレーションによる
音声ガイドは600円で借りることができます。

3P1290281.jpg
3P1290273.jpg3P1290275.jpg
ミュージアムショップでは展示品をモチーフにした
グッズも沢山売られていました。

ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展
2020.1.30(土)~3.28(日)10:00~18:00
大人1,500円、大高生1,100円、中小生500円
(前売り大人1,300円、大高生900円、中小生300円)
あべのハルカス美術館
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43あべのハルカス16階
近鉄「大阪阿部野橋駅」、JR・地下鉄「天王寺駅」、阪堺上町線「天王寺駅前駅」下車すぐ。

防災訓練が体験できる 大阪市立阿倍野防災センター(大阪市阿倍野区阿倍野筋)あべのフォルサ

s-PA220001.jpg
s-PA220004.jpg
大阪市立阿倍野防災センターで防災体験をしてきました。

場所はあべもキューズモールとあべのベルタの間を
入った所(あべのベルタ裏)あべのフォルサの3Fにあります。

s-PA220005.jpg
コースは30分から100分のコースがあり、事前電話予約が必要です。
予約と言っても、2時間前に電話して大丈夫でした。
突然訪れた場合、参加が遅くなる可能性もあるとの事。

コースA 約100分:
バーチャル地震 火災発生防止 煙中 初期消火
119番通報消火 救出 応急救護
コースB約80分:
バーチャル地震 火災発生防止 煙中 初期消火
119番通報 応急救護
コースC 約60分:
バーチャル地震 火災発生防止 煙中 初期消火 119番通報
コースD:約30分
バーチャル地震 火災発生防止 煙中

張り切って100分がよかったのですが、今日は案内できないとの事で、
一番人気の60分コースを予約しました。

s-PA220008.jpgs-PA220009.jpg
s-PA220014.jpgs-PA220011.jpg
まずはバーチャール地震体験です。

揺れる席と揺れない席とがあります。
予約時に何も言わなかったけど…。揺れる席で予約されていました。(笑)

初めにニュースを見るんですが、左の女性は進藤令さん、右は大路進さん、
レポーターは日比野そなえさんで、地震と何気にかけているんですね。^^;

s-PA220015.jpgs-PA220016.jpg
s-PA220012.jpg
地震発生直後の室内が再現されています。
火災になりそうなものを見つけて電源を落としていく体験。

s-PA220017.jpg
その後…実際煙の中を逃げます。
煙は上に上がるので、しゃがんで脱出します。

これ…後でモニターに映し出されるんですよ。
笑ってしまいました。

s-PA220022.jpg
初期消火コーナー

消火器の使い方が分かりません。
子供の頃、2度台所にぶちまけた事があって触るのも怖いんですが、
今回は本物ではないので大丈夫。水を使って消化します。

ちゃんと狙い撃ちしないと家が燃え上がる仕掛けになっています。

s-PA220042.jpg
119番通報体験

s-PA220048.jpg
震災直後の倒壊家屋が再現されています。

↑こういう置き方をした室外機の下は危険だそうです。

s-PA220028.jpg
右の家…。「かじ」さん宅が燃えています。

s-PA220039.jpg
掲示板や貼紙など細かく見ていくと面白いです。
NHKのシールもよく見るとMHKでした。

s-PA220032.jpg
ニュースに出ていたタバコ屋さんが半壊(全壊)しています。

親切商店だそうですが、ティッシュペーパーが700円くらいしたのかな?
どれも高くて親切じゃないんですよね。

s-PA220037.jpg
80分コース以上は中学生以上しか体験できません。
実際の消化体験、タンスの下敷きになった
マネキンの救助、応急救護体験も含まれています。
結構本気の体験です。

s-PA220051.jpg
実際に倒壊してないのに倒壊しているように
設置されているのがすごいな、なんて思いながら見ていました。

女の子…。鼻字出していたし、心臓が弱い方は
控えた方が(?)よさそうな気もしますが
何度も一人で来ている常連の男の子もいました。
何がツボにはまるのか子供心は分かりませんが、
きっと消防士が夢なんだと思います。
人懐っこくて私達にべったり。親はいない様子で
自販機の前で何か飲む?と聞いたら水筒持ってきてるからいいというし
細かい所性格も優しい子だし、男の子欲しかったなとか思いながら(笑)
そのまま一緒に遊びに行っちゃいそうでしたよ。

s-PA220056.jpgs-PA220057.jpg
震度7の体験コーナー

立ってられないほどの揺れでした。

s-PA220059.jpgs-PA220060.jpg
入口にあった救急車

s-PA220061.jpg
修了証…。事前に(笑)希望するともらえました。

関連記事:
津波から民を守った濱口梧陵 稲むらの火の館 津波防災教育センター (和歌山県広川町)
津波・高潮ステーション/大阪府庁跡(大阪市西区江之子島)

大阪市立阿倍野防災センター
大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目13−23
開館時間:午前10時~午後6時
休館日:水曜日・毎月最終木曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)
入館料:無料
予約電話番号:06-6643-1031

あべのハルカス展望台 ハルカス300(大阪市阿倍野区阿倍野筋)天王寺

P3290016s-

あべのハルカスの展望台 ハルカス300 に上ってきました。


アップが遅くなりましたが、訪れたのは3月です。


1486567_611328688947771_1394436644_n

3月中は予約限定で、入場料は2000円でした。

時間も決められていて、17:15に。


日中の景色と夜景と両方得ようとたくらみました。

この日雨の予報が60%でしたが、降らなくて良かったです。


P3290079s-

展望台に登らなくても、16階の庭園が雰囲気いいんですね。


庭園でゆっくりしたかったんだけど、ノンストップで案内されちゃったので写真は有りません。


16階からは専用のエレベーターに乗り換えて60階へ。


P3290028s-

P3290029s-

60階が展望台、58階が吹き抜けの展望台とカフェ、59階が出口専用になっています。


10153057_611328862281087_1693893748_n

ハルカスのゆるきゃら あべのベア。


P3290023s-

ハルカスは360℃見渡せる展望台です。写真は南西方面(かな?)

P3290030s-

梅田方面です。


天王寺公園ってこんなに広いんですね。


P3290031s-

通天閣


P3290036s-

真下を見下ろせるガラス張りがありますが、あまり怖くありません。

P3290048s-

吹き抜けの天空テラスは58階にあります。

テーブルもあってイイ感じ♪降りてみる事にしました。


P3290049s-

食事もできるんですねー。ロコモコとかパスタなどがありました。

私は気になった、パインアメのソフトクリーム。


パインアメって天王寺の会社なんですよ。


P3290054s-

甘いパインソフトに、パインアメのザラメで美味しい♪


お連れ様のレモネードはミントたっぷりです。


P3290057s-

P3290072s-

だんだんと日が暮れてきました。


P3290064s-

P3290068s-

P3290082s- P3290085s-

もう方角も判らないので写真だけ坦々と。^^;


P3290069s-

通天閣

P3290078s-

日中見つけられなかった大阪城。ズームはこれが限界でした。


P3290074s-

夜のテラスもいい感じでした。


ハルカス300

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

8:30~22:00(5/7以降10:00~22:00)

大人:1,500円 中高生: 1,200円 小学生:700円 幼児:500円

阿倍王子神社~千成寿屋のクレープ(大阪市阿倍野区)

DSC_3420s-

安倍晴明公生誕地の後は、阿倍王子神社 へ。


写真は安倍晴明神社から熊野街道沿いに訪れたので、

裏なのか表なのか判りませんが裏口の鳥居です。


DSC_3423s-

DSC_3429s-

大木が4本並んでいます。樹齢500年年の楠の木3本、榎木1本。


私は王子町で生まれ4歳までいましたが

カギっ子で、子供達だけで王子神社でよく遊んでいました。

歩けば近所のおばちゃんばかりで、何も心配無かったんですよねぇ。


引っ越して以来35年ぶりに訪れましたがとても懐かしかったです。(あまり覚えていませんが)


DSC_3426s-

社殿


私の親はここで結婚式を挙げたんですよね。

扇子や金杯等未開封のまま家にありました。


離婚してしまいましたが、私は住吉さんよりも阿倍王子神社こそ氏神様だと思うんです。

35年ぶりですが…。なので、お守りを購入することにしました。



DSC_3430s- DSC_3431s-

懐かしすぎるタイルの社務所


こちらで晴明神社と王子神社のご朱印を頂きます。


DSC_3434s-

京都の晴明神社の隣に安倍清明神社のご朱印をお願いしました。


DSC_3435s-

こちらが阿倍王子神社のご朱印です。


寺のご朱印とだいぶ違いますね。

私は一目ぼれした大きなお守りを購入しました。


DSC_3433s-

こちらが表の鳥居です。阿倍野筋沿いに面しています。


1554538_584825734931400_582150443_n

その後は私の生誕地である王子商店街周辺をうろうろしました。


小~中学になっても故郷が懐かしくて、王子商店街にだけはよく来ていたんですよね。


写真は千成寿屋というクレープ屋さん。


私の住んでいたマンションの隣に軍手屋さんが有って、

いつも軍手を編んでる音が響いていたんですよね。


この筋に軍手屋さんがありましたが、なんか違う。

当時は軍手屋さんが沢山あったのかも(?)しれません。


1013251_584890948258212_541830942_n

クレープのメニューです。


おにぎりクレープなんて有るんですね。

以前120円だったバターシュガーは200円でした。


DSC_3438s-

私は練乳のクレープを食べました。

うーんこんなんだったっけ…。練乳が少なくてちょっとイマイチでした。^^;


阿倍王子神社

大阪市阿倍野区阿倍野元町9-4

千成寿屋


王子町4-2-19

陰陽師 安倍晴明公生誕地 安倍晴明神社(大阪市阿倍野区阿倍野元町)

DSC_3401s-

阿倍野区にある安倍清明神社 に行ってきました。


阿倍野筋の一つ西側の路地にあるんですよね。


DSC_3404s-

路地を進むとぽつんと鳥居がありました。


安倍晴明神社は、1007年に創建されたという歴史のある神社です。

1000年も前からこの道は有ったんですね。熊野街道に面しています。


以前訪れた京都にある晴明神社は、晴明公の豪邸跡。

大阪にある阿倍晴明神社は故郷という事です。


DSC_3407s-

鳥居の左には陰陽師、安倍晴明生誕伝承地(921~1005)の石碑が。


私はここだと思うんですが、生誕地は茨城k県(?)という説もあるようです。


DSC_3410s-

清明水


手水社の隣にガマ井戸がありました。湧水のようです。


DSC_3411s-

晴明水ではないんですね。お清めだから合っているのか。


DSC_3408s-

秦名稲荷神社


秦名(やすな)は、晴明公の父親とされているそうです。


DSC_3413s-

安倍晴明が使ったとされる産湯の跡も残ります。


DSC_3414s-

鎮石しずみ石


案内板には古代の舟の碇だったと書かれていました。

痛みを鎮める=安産祈願の他、戦時中は焼夷弾を受けるものの被災は逃れたため、

災害祈願の信仰も集めているそうです。


DSC_3415s-

さすがは陰陽道師。占いの館があります。


料金が書かれていません。気持ち(?)でいいんでしょうか。

私達が訪れた時は先客が占い中でした。


DSC_3416s-

ご朱印が欲しかったんですが、留守でした。

隣の王子神社でもらってくださいとの事。


DSC_3418s-

社殿


DSC_3417s-

安倍晴明公の母、葛乃葉は、大阪府和泉市葛の葉町にある信太山の

狐であったと言われている(?)そうで、この像は飛来する姿だそうです。


阿倍王子神社に続く。


関連記事:安倍文殊院 (奈良県桜井市安倍山)

智恩寺 文殊堂 (京都府宮津市字文珠)


安倍清明神社

大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16
 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ