FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■おでかけ‐大阪府

『泉南りんくう公園 SENNAN LONG PARK』2020.7.3グランドオープン(大阪府泉南市りんくう南浜2番201泉)りんくう公園/滝井

1P7020059.jpg
2020.7.3『泉南りんくう公園 SENNAN LONG PARK』がグランドオープン!

1P7020001.jpg
泉南イオンの目の前にあり、最寄り駅は南海本線樽井駅から徒歩10分
私はりんくうタウン駅からシャトルバス(270円)を利用しました。
シャトルは1時間に1本なので時刻表は記事下に載せました。

1P7020010.jpg
マーブルビーチ の広がる2kmのロングパークはめっちゃ広い!

🔸アクティビティエリア🔸
1P7020065.jpg
SORA RINKU

1P7020102.jpg
1P7020100.jpg1P7020105.jpg
合宿施設。収容人数は約200名。
合宿施設です。洋室の他広々とした畳みの部屋もあります。

1P7020071.jpg1P7020068.jpg
■泉南温泉 SORAの湯
大人 700円、中学生~大学生 500円、3歳~小学生 300円
10:00-21:00

1P7020083.jpg
1P7020077.jpg1P7020094.jpg
天然温泉 で、合宿に泊まらなくても日帰り入浴可能!

1P7020050.jpg
■都市型アスレチック「HEARTTHROB(ハートスロブ)

1P7020122.jpg
土日祝1H/平日1.5H:2,500円(税別)
展望デッキ+最下層入場60分 500円(税込)/ 1名
9:00~17:00(30分前受付 / 最終受付 15:30)

1P7020110.jpg
15メートルの高さのアスレチックは迫力満点!

1P7020112.jpg
展望台でスリルを楽しむだけも可!

■スケートパーク、3人制バスケット「3×3コート」
1P7020060.jpg1P7020063.jpg
バスケットコートやスケボーができる広場もあります。
早い者勝ちなんでしょうか。

1P7020023.jpg
大人も子供も楽しめる(?)遊具もあります。

1P7020107.jpg
■アウトドアフィットネス「泉南ロングパーク
9:00~18:00(火・水休)一回参加費 1000円~

P7020258.jpg
カーメルビーチクラブ
9:00~18:00

バナナボートなどが楽しめます。
滋賀県にもあって訪れたことがあるので過去記事をご覧ください。
CARMEL BEACH CLUB 琵琶湖で湖水浴(2009年08月20日)

🔸コミュニティエリア🔸
1P7020044.jpgfc2blog_20200704030427475.jpg
■スターバックス
9:00~22:00

1P7020036.jpg
■Lgraw+

プレートランチなどがいただけるお店。

1P7020042.jpg1P7020277.jpg
■中華バル「FUYOEN

1P7020280.jpg1P7020283.jpg
1P7020284.jpg1P7020281.jpg
メニュー

ランチ⠀
麻婆豆腐定食(880円)⠀
焼売定食(880円)⠀
酢豚定食(980円)⠀
唐揚げ定食(880円)⠀
青椒肉絲定食(980円)⠀
海老チリ定食(980円)⠀
餃子定食(880円)⠀
五目海鮮塩炒め定食(980円)

麻婆豆腐(880円)⠀
辣油と花椒香るよだれ鶏(680円)

1P7020266.jpg
本格的な麻婆豆腐で痺れる辛さが最高!ランチがリーズナブルです!

1P7020030.jpg
■アメリカンダイナー「ALL GOOD BURGER
11:00~21:00

1P7020302.jpg1P7020293.jpg
お洒落な店内。テラス席もあります。

1P7020297.jpg1P7020298.jpg
1P7020300.jpg1P7020299.jpg
メニュー

ハンバーガー(1050円)⠀
チーズバーガー(1200円)
アボカドバーガー(1250円)⠀
パイナップルバーガー(1200円)

1P7020309.jpg
パンズはふわふわで大きなハンバーガー です。肉汁たっぷりでジューシー!

1P7020262.jpg
■tsuboichiteaplace
堺にある老舗の人気店です。抹茶ミルクをいただきました。

1P7020291.jpg
堺の刃物で薄く削った抹茶の氷はふわっふわ!
濃厚な抹茶と練乳もたっぷり!

1P7020053.jpg1P7020131.jpg
■紀ノ川いおりファーム
移動販売なのでずっと居るかは分かりません。

和歌山みかんジュース(400円)

目の前で丸ごと絞っていただけます。天然の甘みたっぷりです。

1P7020031.jpgP7020245.jpg
■バーベキュー場「THE BBQ BEACH in MarbleBeach

1P7020034.jpg
平日部:12:00~16:00 2部:18:00~22:00
土曜1部:11:00~14:00 2部:15:00~18:00 3部:19:00~22:00
日祝1部:11:00~14:00 2部:15:00~18:00
手ぶらBBQプラン:大人3,250円/1名 ~ 小学生2,500円/1名 ~
食材持込プラン:大人1,500円/1名 小学生750円/1名

1P7020233.jpg
1P7020243.jpg1P7020250.jpg
1P7020241.jpg
トマホーク500g(4380円)⠀
Tボーンステーキ530g(3300円)⠀
USバックリプ500g(1480円)⠀
博多華味鶏ももステーキ200g(680円)⠀
サーロインステーキ150g(680円)⠀
ガーリックバケット(390円)

1P7020141.jpg
■オートキャンプ場「RECAMP りんくう
オートサイト 6,000~12,500円

1P7020143.jpg1P7020146.jpg
グランピングテントサイト 30,000円~54,000円

🔸マルシェエリア🔸
1P7020150.jpg1P7020152.jpg
海のマルシェ
9:00~15:00

1P7020157.jpg
海鮮物を購入するとその場でバーベキューができます。

1P7020208.jpg
1P7020214.jpg1P7020219.jpg
炭や網、トングなどは無料!
立ち食いでいい雰囲気です。

1P7020160.jpg
■岡田浦漁業協同組合
土・日・祝9:00~15:00

1P7020163.jpg
スペシャル海鮮天丼(1500円)⠀
特選海鮮丼(1500円)⠀
ジャンボ海老フライカレー(1500円)

1P7020187.jpg
1P7020192.jpg
泉南煮穴子丼(1800円)⠀
泉南ロングあなご天丼(1800円)⠀

1P7020189.jpg1P7020176.jpg
たこ入りコロッケ(200円)と天ぷら(試食)

衣がサクサクで激ウマ!タコも穴子も柔らかくて最高でした!

■さざんぴあ
1P7020222.jpg1P7020220.jpg
泉南イオンの目の前のさざんぴあも健在でした!

🔸グランピングエリア🔸
URBAN CAMP HOTEL Marble Beach
長い公園過ぎて訪れませんでしたが、
プレハブ型のホテルもあります。



泉南りんくう公園 SENNAN LONG PARK
大阪府泉南市りんくう南浜2番201泉南りんくう公園内SORA RINKU
電車:南海本線「樽井駅」より徒歩約10分
車:阪神高速湾岸線・泉佐野南出口から南へ道なり 約10分

『浅香山浄水場(浅香山緑道)』のつつじと手づくり弁当2020(大阪府堺市堺区香ヶ丘町)

96427940_2943203482426935_3899804732532719616_n.jpg
浅香山浄水場のつつじを見に行ってきました。
今年はつつじ祭りは中止ですが、緑道は自由に散策が可能です。

P5090013.jpg
始まりはいつもここです。チャリではるばるやってきました。

P5090011.jpg
西除川

P5090017.jpg
川の向こう側は大阪市です。

P5090023.jpg
P5090024.jpg
JR阪和線高架下右側は歩行者専用になっていました。
動画に必死で写真がありませんねぇ~。^^;

P5090026.jpg
浅香山公園

P5090030.jpg
浅香山緑道のつつじ

P5090029.jpg
今年は少し遅い訪問だったからかシロツメ草と
青い花が沢山咲いていてなんか春の香りがしました。

P5090027.jpg
レジャーシートとミニテーブルを持ってきていましたが、
シロツメグサを踏んづけてしまうのでベンチで食べる事にしました。

P5090033.jpg
お弁当の下にミニテーブルを敷いて風呂敷で包んでいます。w
何が始まるん?って感じですね。

P5090036.jpgP5090041.jpg
前日の残りの豚汁は、保温鍋に入れて持参しました。
具だらけで汁が少なかったです。ww

縦に長い鍋なので、チャリで運んでも液もれはありませんでした。

エフィール(e-feel)保温鍋 真空保温調理器 4.5L/2L (2014.08.19)

P5090038.jpg
97129278_2943203959093554_4602099479624024064_n.jpg96528805_2943204252426858_4760042521067782144_n.jpg
定番のとんかつ弁当です。

P5090040.jpg
外で食べるお弁当は最高です。><

P5090043.jpg
虫は苦手だけど、テントウ虫だけは可愛いですね。



浅香山つばきまつり 2018(浅香山公園~浅香山緑道~浅香山浄水場) (2018.05.05)
浅香山つつじまつり 浅香山公園~浅香山緑道~旧浅香山浄水場 (2015.04.27)
浅香山浄水場 浅香山つつじ祭り (2014.05.02)
浅香山浄水場 浅香山つつじ祭り (2013.05.06)
浅香山浄水場 浅香山つつじ祭り つつじの通り抜け 2012 浅香山緑道(2012.05.10)
浅香山浄水場 つつじの通り抜け (2008.04.26)

浅香山浄水場つつじ祭り
大阪府堺市堺区香ヶ丘町5丁
浅香山公園~浅香山緑道~大和川河川公園~旧浅香山浄水場周辺
JR阪和線『浅香駅』から西へ徒歩約10分(約700m)
南海高野線『浅香山駅』から東へ徒歩約10分(約600m)

『ザ・プレミアムホテルinりんくう』宿泊記(1)(大阪府泉佐野市りんくう往来南)りんくうタウン

ザ・プレミアムホテルinりんくう


85227328_2736594396421179_7378350010292764672_n.jpg1P2070009.jpg
大阪府泉佐野市プレミアムホテルinりんくう に宿泊しました。

1P2070031.jpg1P2070021.jpg
ロビー

1P2070032.jpg1P2070028.jpg
アミューズメントスペース
コインゲームやガチャガチャなどあります。

1P2070029.jpg
漫画もずらっと並んでいます。
ロビーで好きなだけ読み放題!または1回5冊まで
部屋へ持込も可能です。

1P2070038.jpg
24時間利用可能な売店。

1P2070041.jpg1P2070042.jpg
一階奥には自動販売機と電子レンジがります。
ビールもあるのは助かりますねー。

P2080037_20200209100213743.jpg
フロントにはボディタオル、綿棒、シャワーキャップ、カミソリがあります。

P2070093.jpg1P2070044.jpg
エレベーターは2基あるのは嬉しいですね。
新しいホテルなので廊下もピカピカ!

1P2070085.jpg
私の部屋はエグゼクティブルームでした。
むちゃくちゃ広々としていますねー。

シングルルーム、ツインルーム(和室、洋室、和洋室)、
エグゼクティブルームがあって、利用人数に応じて選べます。

1P2070070.jpg
ゆったりしたシングルベッドが2つ。

1P2070054.jpg
和室には最大3つ布団が敷けます。

P2080036.jpg
5階エグゼクティブルームからの眺め。

バルコニーはなく、窓は25cm程しか開かなくなっています。

1P2070049.jpg
バスルーム

202002070002.jpg
バスルームとは別に独立したトイレは嬉しいですね。
空の冷蔵庫は大きいサイズ。

1P2070071.jpg
室内着とバスタオル、ドライヤー、使い捨てスリッパ。
5組ずつあるので5人用の部屋のようですね。

202002070001.jpg
歯ブラシ、ハンドソープ(フェイスソープ)、シャンプー、コンディショナー。

ヘアブラシ、化粧水はありません。

12070066.jpg
粉末の緑茶と空のケトル

1P2070088.jpg
翌日の朝食券

1P2070089.jpg
PC持参でホテルでゆっくりしました。無料のwi-fiはさっくさくです。

1P2070108.jpg
りんくうシークルのサンディまで買い出し。

P2070012.jpg
お風呂は2回も入りました(笑)

1P2070015.jpg1P2070016.jpg
駐車場は普通乗用車の場合は無料です。
レンタルサイクルは、一時間以内なら無料。
1日500円でレンタルできます。

P2080038.jpg
コインランドリーは駐車場にあります。

夕食編、朝食編は別記事に分けます。



1P2070098.jpg1P2070097.jpg
1P2070100.jpg1P2070099.jpg
ホテル目の前のバスは南海ウィングバス
「りんくう往来南3番」
目の前のりんくうプレミアムアウトレット内には
関空行きシャトルバスもありますよ。

ザ・プレミアムホテルinりんくう
大阪府泉佐野市りんくう往来南3-6
072-458-7300
駐車場:普通乗用車無料
バス、トラック(3t以上)、5メートルを越える車、特殊車両等の場合は別途4,000円(税込)。
設備:冷暖房・ユニットバス・冷蔵庫・テレビ・シャワートイレ・無線LAN (Wi-Fi)対応
その他サービス:コピー、ファックス送信、 宅配便、荷物預かり所、電子レンジ
アミューズメントスペース、喫煙室、共用トイレ、自動販売機、コインランドリーコーナー(有料)
貸出品:貸車椅子、ズボンプレッサー、アイロン・アイロン台、目覚まし時計、
毛布、加湿器
レンタルサイクル:1日500円(1時間未満無料)
チェックイン15:00~29:00、チェックアウト10:00

1階レストランRIKYU
06:30~09:30   朝食(バイキング形式)
09:30~11:30   ティータイム、カフェタイム
11:30~14:00   ランチメニュー
14:00~17:00   ティータイム、カフェタイム
17:00~22:00   ディナーメニュー(L.O. 21:30)

『コンペイトウミュージアム 八尾ミュージアム』 で金平糖手作り体験(大阪府八尾市若林町)八尾南

PB050166.jpgPB050001.jpg
金平糖の手作り体験ができる「コンペイトウミュージアム」は
金平糖の歴史が学べ、実際に手作り体験ができる
大人も子供も楽しめる体験型ミュージアムです。
大阪には現在八尾ミュージアム、堺プチミュージアムがあり、
八尾ミュージアムは10名以上の団体向け、
堺プチミュージアムが3名以上の個人向けになっています。

PB050164.jpgPB050162.jpg
今回伺ったのは「コンペイトウミュージアムやお」。
10名分の金平糖手作り体験をしてきました!

73399908_2532621060151848_2236622481592942592_n.jpg
手作り体験+製造工程や歴史のビデオ視聴
1,300円(2歳以上)(介助者様は650円)10名より受付(要予約)
世界でたったひとつの「マイ金平糖」のお土産付き!

PB050083.jpg
DVD鑑賞などで金平糖の歴史を学び、金平糖の手作り体験、
カルメラ焼きの実演試食、様々な種類の金平糖の試食、
実際に職人さんが作っている金平糖工場の見学も可能で、
体験所要時間は約1時間30分と盛り沢山な内容です。

第1ステージ:ビデオ視聴 コンペイトウの角の秘密(15分)
第2ステージ:手作り体験(25分)
第3ステージ:カルメラ見学&試食(25分)
第4ステージ:ビデオ視聴 コンペイトウの歴史のお話(10分)
第5ステージ:コンペイトウの大航海物語(10分)と修了証の授与
第6ステージ:工場見学(10分)

PB050020.jpg
金平糖手作り体験に使用する釜は85mのミニ釜です。
釜に火をつけて傾斜30度で時計回りにゆっくり回転しています。
珍しい釜ですが明治36年に大阪で開発された
量産可能な回転釜なんだとか。
写真は10名分の金平糖を入れた所です。
波の音のようなざざーっという音が心地いいです。

PB050030.jpg
金平糖には様々な大きさがあります。
始まりの芯はグラニュー糖なんですね。
何度もシロップを掛けて釜を回転することで
ポッチという角を作りながら大きな金平糖になります。
1.5cmのグラニュー糖を作るのに2週間かかるんですね!

PB050033.jpgPB050043_2019110600104333e.jpg
体験では製造12日目の12~13mmの金平糖を使用します。

PB050037.jpg
用意されている色素はピンク、ブルー、オレンジ、きいろ、みどりがあり、
香料はピーチ、サイダー、オレンジ、パイン、メロンが用意されています。

201911050002.jpg
色素と香料の組み合わせは自由。本来なら色と
味のあった組み合わせにしますが、
体験では色はオレンジなのに味はサイダーなどの
組み合わせが面白い。との事なので
色素はブルー、香料はオレンジを選択し、シロップと混ぜます。

ちなみに香料は全て植物由来の天然色素を使用しています。

PB050038.jpg
201911050003.jpg
シロップを掛けて回転させた後は、香料を掛けて更に回転させます。
水分が蒸発して綺麗なブルーの金平糖が完成!

PB050075.jpgPB050070.jpg
出来立てでほんのり温かい金平糖は、柔らかくて口の中で蕩けます。

201911050004.jpg
次はカルメラ作りの実演と試食です。
カルメラは砂糖、水、重曹で作られるシンプルなお菓子ですが、
アニメ「じゃりんこチエちゃん」のカルメラ弟分が
何度も失敗したほど、作るのが難しいお菓子です。

コンペイトウミュージアム特製の銅製の鍋は焦げ付きにくく失敗もしないんだとか。

PB050112.jpg
201911050005.jpg
10分ほどで完成しました!カルメラが何故膨らむのか不思議ですね。

出来立てをいただくと、香ばしくて美味しい~。
コンペイトウ工房のカルメラには黒糖も入っているんだそうです。
口の中で溶ける食感も最高!

PB050148.jpg
失敗しにくいカルメラ専用の銅鍋は、すりこぎ棒などがついた
カルメラセット(1,760円)も売られています。
試食したものと同じカルメラも売られています。(430円)

201911050007.jpg
様々な金平糖の試食もできます。
世界一小さな金平糖や、和三盆、コーヒー、ワインなど
その数は10種類。硬さや味、形もそれぞれ違っていて可愛いし美味しいです。

201911050006.jpg
カルメラ体験の後は1階の工場内を見学します。
工場見学ができるのは「コンペイトウミュージアムやお」のみ。
土日祝は稼働していません。
工場内は撮影禁止なので写真はありませんが、
直系1m80m、深さ44mの大きな釜が16台稼働しています。
100kgの金平糖の入った釜は1分間に2回ゆっくりと回転していて
自動化された蜜掛けの様子や職人さんの手作業など
まじかで見学することができます。

PB050133.jpg
最後に修了証とマイ金平糖を受け取ります。
(体験工程は前後する場合があります。)
可愛く包装されているのでお土産にも最適ですね。

PB050010.jpg
PB050013.jpg
1階には沢山の金平糖が売られています。

PB050032.jpg
最近は海外からの団体客も多いんだとか。
多言語話せるスタッフ(クカレカ・マリアさん)は
ベラルーシ語が母国語になりますが、
日本語、英語、中国語、ロシア語での対応可能です。

73321647_537460483477399_4613034990345650176_n.jpg
今回体験したのは金平糖手作り体験でしたが、
もなかの生地に13色のカラフルなシュガーを使って色着けする
シュガーアート教室もあります。

コンペイトウミュージアム 所要時間 1時間10分~1時間30分
定休日:土・日・祝(事前予約で土日祝も体験可能)

八尾ミュージアム 大阪府八尾市若林町2-88
大阪メトロ谷町線「八尾南駅」下車、徒歩5分
072-948-1339 9:00~17:00(要予約)
1,300円(2歳以上)(介助者様は650円)10名より受付(要予約)

堺プチミュージアム 大阪府堺市堺区南島町4-148-12
南海本線「七道駅」下車、西へ徒歩600m直進
072-282-2790 10:00~17:00(要予約)
1,100円(2歳以上)(介助者様は550円)

河内ワイン『河内ワイナリー』工場見学(大阪府羽曳野市駒ヶ谷)

2PB190010.jpg
近鉄南大阪線駒ヶ谷駅から徒歩7分ほどの場所にある河内ワイン館
ワインの試飲サービスがあり、味比べをしながら
自分に合った河内ワインを購入することができます。

2PB190161_201911200151044bd.jpg
団体(7名以上)での予約では工場見学も可能。
プランや料金によっては昼食付きのプランもあります。

団体無料プラン(7名以上):参加費無料、スタッフによる工場案内、試飲5~10種
団体リッチプラン(7名以上):参加費1,500円、社長または名物専務またはソムリエ
または醸造長による工場案内、ワインセミナー、試飲10種(グラス試飲)、おつまみ
食事つきプレミアムプラン(10~40名):参加費2000円~、スタッフによる工場案内、
ワインセミナー、季節の小稼働円筒や旬の料理、ワイン10種(ノンアル葡萄果汁含む)
少人数制ワイナリー見学会(午前と午後各定員20名):参加費1,500円、
ブドウ試食、ワイン試飲、工場見学、おつまみ付

少人数のグループにおすすめなのは、
毎月1回開催されるワイナリー見学会です。

2PB190148.jpg
河内ワインは明治初期に駒ヶ谷の農家が山梨県へ行った際、
甲州ブドウを持ち帰り、農家の庭に植えたのが始まりで、
大正末期には山を開墾して産地化されました。
大正5年に真銅住太郎氏(現耳鼻咽喉科真銅宏氏の祖父)が
発起人となり駒ヶ谷産業組合ができたため急速に開墾が進みます。
真銅菊松氏(現真銅清光氏の祖父)、金銅藤造氏(現金銅繁氏の祖父)
によってデラウェア種の栽培技術の導入が計られ、
デラウェア集団産業の基礎を作り現在に至っています。

2PB190017.jpg
201911190005.jpg
食事つきプレミアムプランを申し込んだ場合の昼食会場はこちら。
「金食堂」です。もともとは蔵で雰囲気もいいですよ。

2PB190006.jpg
PB190005.jpg
次はワイン工場見学です。ワイン館から30秒程離れた場所にあります。

2PB190047.jpg
葡萄を絞る機械は赤ワインは皮の付いた状態、
白ワインは皮を取り除いて搾ります。

2PB190052.jpg
ワインを発酵させるステンレスタンク。

2PB190055.jpg
発酵後はオーク材の木樽に移して熟成期間に入ります。

2PB190063.jpg
現在では使われていない、古い機械の展示もあります。
写真は除梗破砕機(じょこうはさいき)。

昭和20年から50年まで使用した実と軸を分ける機械です。

2PB190066.jpg
油圧式圧搾機

葡萄のカスも最後までしっかり圧搾する事ができます。

2PB190056.jpg
1970年に製造されたミゼット。小回りが利くため、
葡萄畑をこのミゼットで駆け回っていたのだそう。

2PB190087.jpg
河内ワイナリーで作られている全種のワイン、梅酒。

2PB190108.jpg
すぐ近くの山を登っていくとぶどう畑があります。
天気のいい日は畑の見学も可能です。
収穫は6月~9月だそうなので、冬に訪れるとこんな感じでした。

2PB190111.jpg
ワイン館1階のワインショップ

こちらは見学予約をしていなくても随時試飲、購入ができ、
2階の展示ホールの見学も可能です。

2PB190139.jpg
展示ホール

団体の場合はこちらでワインの試食会があります。
一つ一つの葡萄の品種、味などを丁寧に教えていただけます。
プランによっては葡萄1房、パンが付くことも!

天井が高い室内にはピアノもあって、
ミニ演奏会などに貸し出すこともあるとか。

それにしても雰囲気がいいですねー。

2PB190142.jpg
河内ワインについての細かくわかる資料、写真などの展示もあります。

2PB190164.jpg
メルロー、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、
デラウェア、マスカットベリーA、ナイアガラと
葡萄用ワインの種類も沢山あるんですね!

2PB190118.jpg
最後にお待ちかねの試飲です。

2PB190114.jpg
試飲ができるリストです。ワインは17種、梅酒は9種。

2PB190176.jpg
デラウェア 2018

大阪産のデラウェアを100%を使用した河内ワインを代表する定番銘柄です。
若々しい酸味が切りっとひきしまった印象を受けるフレッシュなフルーティワイン。

750ml 1,400円、1800ml 2,500円

2PB190182.jpg
スウィートナイアガラ

濃厚な果実の香りがあり、しっとりした凝縮感のある甘みがあります。

375ml 1,900円

2PB190187.jpg
カベルネ・ソーヴィニヨン 2015年

新樽で樽発酵した後更に樽熟成したもので
芳香な旨味があります。

750ml 2,800円

2PB190192.jpg
マスカットベリーA

華やかな果実の香りと軽やかな口当たりがさわやかで
控えめなタンニンとのバランスがあり飲みやすいです。

750ml 1,700円、1800ml 2,800円

2PB190198.jpg
ロゼ 2018

甘すぎず、辛すぎないすっきり上品な味わいです。

750ml 2,000円

2PB190205.jpg
シャルドネ 2018

青りんごや洋梨のような華やかな香りのする辛口ワイン。

750ml 2,000円

2PB190208.jpg
全六種の試飲をしました。

2PB190185.jpg
お酒が飲めない方向けに葡萄ジュースもあります。

2PB190213.jpg
河内ワイナリーの最寄り駅は近鉄南大阪線 駒ヶ谷駅です。

2PB190001.jpg2PB190003.jpg
駅の踏切近くに看板があります。
河内ワイナリーへは徒歩7分程なので、電車でもアクセスしやすいですよ。

過去記事
河内ワイン館 工場見学(2015年07月05日)

河内ワイン昼総合点★★★☆☆ 3.7
大阪府羽曳野市駒ヶ谷1027
近鉄南大阪線「駒ヶ谷駅」より徒歩約8分
営業時間 ワイン館平日:10:00~18:00、土・日・祝:9:00~18:00
(定休日:不定休・年末年始)
駐車場 25台駐車可
 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

「ぐるなび」メシコレ
キュレーター

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ