FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2021年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年10月
TOPおでかけ‐大阪府泉大津市 ≫ 泉大津市立織編館と真田紐(大阪府泉大津市旭町)

泉大津市立織編館と真田紐(大阪府泉大津市旭町)

s-P1210030.jpg
s-P1210031.jpg
泉大津の駅近くにある織編館へ行ってきました。

泉大津市は、あまり知られていませんが
織物の町なんですね。明治18年に日本発の毛布が泉大津で誕生し、
現在も日本一の毛布の町なんだそうです。

元々大津村でしたが、すでに滋賀県に大津があったため、
泉を付けて泉大津市になっています。

ゆるキャラは妖精(羊精)にちなんでおづみんです。

オーツタイヤって昔ありましたが、泉大津の会社で
タイヤの町でもあったんですね。廃業というか吸収されてしまい
2003年に解散。何か悲しいですね。。

s-P1210032.jpg
地元で作られた商品が展示されています。

s-P1210044.jpg
とても大きな機織り機。

上の方は複雑でまるで絡まっているように見えます。

s-P1210043.jpg
機織り体験などで使われるのはこのタイプです。

s-P1210047.jpg
災害用の毛布。とてもコンパクトになるんですね。

s-P1210040.jpg
こちらは真田紐を編むための真田織機(しょっき)です。

昔は足で引っ張りながら編んでましたが
細い紐の為にこんなに大きな機織り機がいるんでしょうか。。

明治の頃から機械化されたようで、
泉大津市では江戸時代から真田紐を特産品としています。
全国織物の町では真田紐は作られているようですね。
こちらでは真田幸村考案後藤又兵衛が広めたと書いていました。

s-P1210042.jpg
これやってみたい!

s-P1210038.jpg
真田紐

s-P1210039.jpg
s-P1210051.jpg
足で支えながら作るタイプはこちら

s-P1210037.jpg
真田紐のキーホルダーが売られていました。

ストラップなら要らないと思ったらキーホルダー♪
買う事にしました。

こちらは館長やボランティアの方が作っているとか。
この長さで15分かかるそうですよ。(一つ300円です。)

s-P1210052.jpg
引っ張ってみたけど本当に頑丈で、全く伸びる事がなくて平べったい(笑)
とても気に入りました。

泉大津市立織編館
大阪府泉大津市旭町22-45 テクスピア大阪1階
営業時間:10:00~16:30
定休日:毎週水曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
関連記事
Trackback

Trackback URL

 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ