FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2021年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年08月
TOP‐旅行・おでかけ‐兵庫県篠山市 ≫ 篠山旅行(4)丹波杜氏酒造記念館(兵庫県篠山市東新町)

篠山旅行(4)丹波杜氏酒造記念館(兵庫県篠山市東新町)

s-P1017208.jpg
篠山ではガイドさんと合流し、
酒造りの名匠・丹波杜氏の酒造記念館へ。

s-P1017212.jpg
s-P1017278.jpg
日本三大杜氏の一つである、丹波杜氏は、
篠山曽我部(篠山市日置)の庄部右衛門が
池田の大和屋本店の杜氏となったのが始まりなんだそうです。

もともとは百姓でしたが、農閑期には六甲を超えて
灘の銘酒を作りに出稼ぎをしていました。
灘の銘酒はほぼ丹波の杜氏によるもので、
全国の指導にも出かけていたそうです。

s-P1017217.jpgs-P1017219.jpg
植田八郎(灘酒造社長)の像

s-P1017215.jpgs-P1017221.jpg
入場料は募金制で100円でした。

s-P1017225.jpg
s-P1017226.jpg
s-P1017246.jpg
s-P1017230.jpg
館内では主に江戸時代、酒造りに使われた道具や
資料が展示されています。

お酒の造り方もわかりやすかったですし、
昔の出稼ぎの話もジーンときました。

s-P1017222.jpg
昔の日本酒の作り方は…。1 洗米をします。

s-P1017273.jpg
2 蒸します。

s-P1017274.jpg
3 平らに広げて熱を冷まします。

s-P1017239.jpg
4 米麹を作ります。

s-P1017276.jpg
5 米麹を混ぜます。

大きな口を開けていますが、歌を歌っています。

s-P1017277.jpg
6 酒母を造ります。

あとは1か月ほどで日本酒ができるとか。
かなり端折っていますが、字で書くと簡単ですね。

s-P1017233.jpg
蒸した米を踏むためのわらじ。

s-P1017252.jpgs-P1017253.jpg
いろんな下駄がありますが、初めの洗米の時点では
素足で踏んでいました。

s-P1017259.jpg
昔からあるお酒のミニチュア版。丹波以外の銘柄もありました。
廃業になりかけた酒造などはほかの酒造が受け継いだりして
銘酒がなくならないよう助け合っているんですって。

s-P1017264.jpg
s-P1017266.jpg
現役の杜氏。現在はコンピューター化されて
お酒は造られているので、昔のような製造方法ではないそうです。

s-P1017210.jpg
1751年~1788年にかけて、篠山藩では凶作が続いたため
池田や伊丹に酒造稼ぎに行くことが禁止になりました。
今田市原村の清兵衛が 江戸の藩主に直訴した所、2年後には
100日間の出稼ぎを許可されたんだそうです。
しかし、篠山藩は厳しい年貢の取りたてを行います。
清兵衛父は再度直訴しようとしましたが、途中刺客によって殺されたとも
永久追放されたとも、伝えられているそうです。

s-P1017211.jpg
記念碑

s-P1017206.jpgs-P1017207.jpg
かわいいコスモスが咲いていました。

つづく

丹波杜氏酒造記念館
兵庫県篠山市東新町1−5
【入場料】協力金100円
<平日>10:00〜17:00
<土日祝祭日>10:00〜16:00
関連記事
Trackback

Trackback URL

 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ