fc2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2021年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年11月
TOP‐旅行・おでかけ‐兵庫県篠山市 ≫ 篠山旅行(21)王地山焼陶芸所(兵庫県篠山市河原町)

篠山旅行(21)王地山焼陶芸所(兵庫県篠山市河原町)

s-P1018034.jpg
s-P1018032.jpg
まけきらい神社の近くには王地山焼きの陶器所があります。

陶芸教室もありますが、予約制。
何時に到着するか見当がつかず予約しませんでしたが
ここに着いたのは13時だったので行けた…。><
見学だけさせていただきました。

s-P1018035.jpg
王地山焼きは、4代篠山藩主青山忠裕が築いた藩窯です。
1869年に廃窯し1988年に復興させたそうです。

s-P1018039.jpg
丹波篠山といえば丹波焼…。でも王地山焼きも知られています。

篠山藩の藩窯だったので、一般にはあまり出回ることはなく、
廃藩置県と共に消滅。江戸時代のものは貴重なんだそう。

s-P1018036.jpgs-P1018040.jpg
s-P1018037.jpgs-P1018038.jpg
元は京都の陶工欽古堂亀祐(きんこどうかめすけ、1765-1873)を
招いて始めたもので、江戸末期には三田でも指導したんだそうです。
そのため、王地山焼きと三田青磁は作風は似ています。

s-P1018044.jpgs-P1018042.jpg
s-P1018041.jpgs-P1018045.jpg
沢山の王地山焼きが売られていました。
高いイメージがありましたが、意外と安いですね。

s-P1018047.jpg
作業場を見せていただきました。
こちらは売り物の(プロの)作業場です。
王地山焼きは型に押し付けて作るんですね。

s-P1018049.jpg
s-P1018048.jpg
以外にも普通の土に見えましたが、京都で取れる
磁器土を使っているそうです。

s-P1018050.jpg
普段はこちらの窯で焼いているそうです。

s-P1018046.jpg
王地山焼きの作り方手順

陶芸体験の場合、焼いて釉薬で色付けなどは
全てやってくれるんだそうです。すべて自分でという場合は
本格的に陶芸教室ですね。

s-P1018051.jpg
登り窯は使われていませんが、
年に一度は炭入れをしているんだそうです。

s-P1018052.jpg
陶芸教室はこちら

s-P1018053.jpg
s-P1018054.jpg
s-P1018055.jpg
青磁器作ってみたかったのですが、また改めたいと思います。


王地山焼き陶器所
兵庫県篠山市河原町431
福知山線「篠山口駅」より神姫グリーンバス篠山営業所行
「本篠山」バス停下車→徒歩約5分
車…舞鶴若狭自動車道 丹南篠山口ICより15分  無料駐車場17台
体験教室:てびねり2000円じっくり体験コース5000円
関連記事
Trackback

Trackback URL

 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ