FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2021年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年08月
TOP国内旅行・おでかけ‐和歌山 ≫ 九度山散策(3)真田幸村父子の屋敷跡 善称院 真田庵(和歌山県九度山町九度山)

九度山散策(3)真田幸村父子の屋敷跡 善称院 真田庵(和歌山県九度山町九度山)

s-P3030247.jpg
九度山にある真田庵へ行ってきました。

高野山に蟄居(ちっきょ)を命じられ、信州より紀州へとやってきました。高野山での生活は寒くたいへんだったため、麓の九度山町で生活したのではないかと言われています。真田昌幸は、この九度山町にて亡くなり、息子である幸村は、父の供養のために、森の中に宝篋印塔を建てました。その後、大安上人がこの森に来たとき、本尊がここに善名称院(真田庵)を建てよと言われ、大安は松の木だけを残してお寺を建てました。(HPより)

真田父子が初めに住んでいた高野山のお寺は
真田家ゆかりのお寺で蓮華定院だそうです。

過去記事はこちら
真田幸村父子の屋敷跡 善名称院 真田庵(2015.10.14)

s-P3030068.jpg
近くに無料駐車場がありますが、道の駅くどやまに車を止めて歩きました。

s-P3030069.jpg
s-P3030071.jpg
目の前にとてもきれいな川(丹生川)があり、紀ノ川と合流しています。

s-P3030075.jpg
真田庵までの道。近くに大型バスも停められる無料駐車場があります。

s-P3030076.jpg
この抜け道(笑)を入っていくと真田庵があります。

真田正幸の家臣が50名ほどついてきたそうで
この周辺に住んでいました。

真田正幸が死去した後は、家臣のほとんどは長男の
真田信之(松代藩)に付いたらしい。

s-P3030079.jpgs-P3030080.jpg

s-P3030082.jpgs-P3030083.jpg

s-P3030095.jpg
s-P3030081.jpgs-P3030097.jpg

s-P3030086.jpg
本堂

s-P3030099.jpg
七代目の松

真田父子の屋敷は残っておらず、
1741年に大安上人によって創建されたお寺が善名称院(ぜんみょうしょういん)

s-P3030101.jpg
宝物館

入っていませんが入場料200円入ります。
ちらっと外から見えますが、大した展示はなさそう(?)です。

s-P3030098.jpg
真田地主大権現

このお寺で、怒った姿の昌幸の霊がたびたび見られるようになりました。そこで大安上人は昌幸の霊をこの地の大権現の神様にして祀ったところ、穏やかな顔になった昌幸が現れ、そして祀ってもらったお礼にこの地を守ると約束しました。それがこの真田地主大権現です。その後、稲荷大明神、金比羅大権現、天満宮、住吉大社も、境内に加えて建てられました。

だそうです。続く。

真田庵
和歌山県伊都郡九度山町九度山1413
近くに無料駐車場有(トイレ付)
午前9時~午後4時
関連記事
Trackback

Trackback URL

 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ