fc2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2021年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年11月
TOP国内旅行・おでかけ‐和歌山 ≫ 九度山探索(9)旧萱野家・大石順教尼の記念館(和歌山県伊都郡九度山町九度山)

九度山探索(9)旧萱野家・大石順教尼の記念館(和歌山県伊都郡九度山町九度山)

s-P4070176.jpg
九度山では旧萱野家(大石順教尼の記念館)に立ち寄りました。
入館は無料ですが、中は撮影禁止です。

s-P4070177.jpg
"旧萱野家は、江戸時代中期に高野山真蔵院の里坊(不動院)として建立。里坊とは山寺の僧などが人里に構える住まいのことで、避寒の所とされており、県内では数少ない、現存の「高野山里坊」である歴史的建造物。"

だそうです。民家(萱野家)でしたが平成21年2月に
九度山町が譲り受け、記念館になったとか。

s-P4070180.jpg
大石順教尼(wikipedia

"明治38年、養父中川萬次郎の狂刃により六人斬り事件に巻き込まれ、17歳の身で両腕を切り落とされてしまいます。筆を口にくわえ書画の世界へと入られ、苦難の道を乗り越えて尼僧を志されました。高野山での出家を目指してこの地へお越しになりましたが、当時の高野山へ入ることがなかなか許されず、旧不動院・萱野正之助、タツ夫婦が菩提親となり高野山天徳金山大僧正を師として得度しました。その縁でしばしば九度山萱野邸にて過ごされ、多くの書画をこの館に書き残しています。"

大石さんは大阪の二葉すしの次女として生まれましたが
幼少期に芸の道へ進み、より芸を習うために
大阪の堀江遊郭貸座敷「山梅楼」(やまうめろう)の
主人「中川萬次郎氏」の養女になりました。

17歳の時に、義母が他の男性と駆け落ちをし、その時に着物なども持ち出して
居た事から、義母の兄弟姉妹や大石さんもグルだと思い込み
義父は次々と日本刀で切り殺したそうです。

5人死亡、大石さんは両腕を失うという、世間を震撼させる大事件だったそうです。

義父はその後後悔したそうですが、死刑となり、
遺骨は大石さんが引き取ったそうです。

館内に入ると、まずVTRを見る事になりますが
結構さらっと流している所があり、堀江6人切りがとても気になりました。
wikipedia を見るとガイドさん端折りすぎ。というかちょっと話が違います。
本当にすごい事件ですよ。(→堀江六人切り

s-P4070179.jpg
尼となった大石さんがよく訪れたという旧萱野家は、
現在大石順教尼の記念館になっています。

口で書いた絵や生活道具などが展示されています。
1968年(昭和43年)80歳でお亡くなりになられましたが
大石さんの娘さんや萱野家の子孫の方は
未だに交流があって、記念館でも講演会などが開催されています。

s-P4070169.jpg
s-P4070167.jpg
近くには、弘法大師と公母の対面石があります。

高野山は女人禁制の為、弘法大師はここで年に九度
母と対面したそうです。町名の由来になっています。

s-P4070164.jpg
真田の抜け穴近くには、昌幸地主大神と白龍大神
もありました。

旧萱野家・大石順教尼の記念館
和歌山県伊都郡九度山町九度山1327−1
開館時間 午前10時~午後4時30分
休館日 月・火曜日(ただし、祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月25日~1月10日)
入館料 無料
関連記事
Trackback

Trackback URL

 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ