FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2021年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年08月
TOPおでかけ‐大阪市阿倍野区 ≫ 『あべのハルカス美術館』で「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」2020.3.28まで開催!(大阪市阿倍野区阿倍野筋)天王寺

『あべのハルカス美術館』で「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」2020.3.28まで開催!(大阪市阿倍野区阿倍野筋)天王寺

3P1290077.jpg
あべのハルカス美術館 では2020.1.30(土)~3.28(日)まで
「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」
が開催しています。

入場料は大人1,500円、大高生1,100円、中小生500円
(前売り大人1,300円、大高生900円、中小生300円)です。

P1290096.jpg
リヒテンシュタイン公国は人口約34,000人、国土は小豆島程の小国ですが、
とても豊かな国なんだとか!

君主はリヒテンシュタイン家の当主による男子世襲制で
2019年に建国300年を迎えました。

国家の外にも沢山の領土を持つ資産家で
公の費用はリヒテンシュタイン家の私有財産から拠出されています。

リヒテンシュタイン家が先祖代々収集してきた
126点のコレクションの数々があべのハルカス美術館に展示されています。
本来撮影不可(一部OK)ですが、許可をいただいていますので
さらっとご紹介!

3P1290101.jpg
第1章「リヒテンシュタイン侯爵家の歴史と貴族の生活」

歴代侯爵の肖像画や宮廷生活の雰囲気を伝える絵画の展示です。

3P1290125.jpg
第2章「宗教画」

16世紀から17世紀にかけて収集した宗教画のコレクションです。

3P1290186.jpg
第3章「神話画・歴史画」

ギリシャやローマ神話を主題とした歴史画や、絵付けした
陶磁器のコレクションの展示です。

3P1290218.jpg
第4章「磁器-西洋と東洋の違い」

15世紀頃の中国や日本の陶器の展示です。

P1290231.jpg
第5章「ウィーンの磁器製作所」

17世紀にウィーン窯で作られた陶器の展示。

3P1290238.jpg
第6章「風景画」

3P1290257.jpg3P1290261.jpg
第7章「花の静止画」

16世紀~17世紀に発展した絵画ジャンルです。
繊細でとても綺麗でした。

3P1290242.jpg
第7章のみ撮影可能でSNSなどに投稿も可能です。

3P1290084.jpg3P1290269.jpg
小泉幸太郎さんのナレーションによる
音声ガイドは600円で借りることができます。

3P1290281.jpg
3P1290273.jpg3P1290275.jpg
ミュージアムショップでは展示品をモチーフにした
グッズも沢山売られていました。

ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展
2020.1.30(土)~3.28(日)10:00~18:00
大人1,500円、大高生1,100円、中小生500円
(前売り大人1,300円、大高生900円、中小生300円)
あべのハルカス美術館
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43あべのハルカス16階
近鉄「大阪阿部野橋駅」、JR・地下鉄「天王寺駅」、阪堺上町線「天王寺駅前駅」下車すぐ。
関連記事
Trackback

Trackback URL

 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ