FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP国内旅行・おでかけ‐和歌山 ≫ 西国第三番札所・厄除観音 粉河寺 (和歌山県紀の川市)

西国第三番札所・厄除観音 粉河寺 (和歌山県紀の川市)

粉河寺 大門

西国三十三ヵ所霊場の第三札所、粉河寺 へ行ってきました。

写真は入り口に建つ【大門】


中に駐車場(1日500円)、売店などがあります。


境内図


風猛山と、中津川に囲まれるように建っているとても広い寺院です。

図の手前に書かれてある秋葉公園には“猿岡城址”や、“秋葉大権現社”があり、

粉河の町を一望できます。


寺の周囲には掘がめぐらしてあり、白い石畳の参道が続いています。


仏足石


仏様の足形が刻まれた石ですが、風化していてよくわかりませんでした。

出現池

出現池


竜男大士が柳の枝を手に、白馬に乗って現れたとされる池。


病気平癒のご利益があるそうで、祈願成就した際には、

この池に鯉の放す風習があります。

【粉河寺阿弥陀如来座像】と、【粉河寺御池坊庭園】


非公開の池坊庭園は江戸初期に造られた“池泉鑑賞式庭園”と書かれていました。


盥漱盤(かんそうばん) 荷葉鉢


江戸時代に全国に知られた粉河鋳物の代表的作品。

1775年に造られて以降、二百年以上働き続けているんですって。


身代りこけし


身代り地蔵の足元に沢山の小さなこけしが並んでいました。


中門

中門


風猛山(かざらぎさん)の額は、紀州徳川家十代藩主の徳川治宝の直筆だそうです。
1832年に建てられたもので、重要文化財に指定されています。


中門には、四天王が安置されています。


本堂


一重屋根の礼堂と、二重屋根の正堂が結合した本堂で、

西国33ヶ所中、一番大きな本堂だそうです。

粉河寺庭園


崖をたくみに利用して造られた、【枯山水観賞式蓬莱庭園】と呼ばれる

桃山時代の石庭。


本堂までの階段の脇にあります。

六角堂

六角堂


六角堂の中には、西国三十三札所の、各寺の観音様が安置されています。

各地に旅できない方の為、全部廻ったご利益が得られるそうです。

千年樹(くすのき)


西国三十三札所の、第三札所のご朱印を頂きました。

その後、【粉河産土神社】、【十禅律院】(じゅうぜんりついん)への別れ道がありました。


私達は、鳥居のある遊歩道を通って粉河産土神社へ。

経塚入り口

お寺の方に、経塚(きょうづか)を見て行ってといわれたんですが、

何か凄い入り口を通り、風猛山を少し登りました。

第1~4の経塚があり、石を積み上げているものが経塚、穴は井戸跡だそうです。

珍根木


名の通り、とても変わった根を持つ木が立っていました。


ここの山で出土されたものが、奈良国立博物館や、

紀伊風土記の丘 に展示されているそうです。


粉河産土神社 (たのもしの宮)


2羽の孔雀がいました。


どちらも雄ですが、名前はピーコちゃんだそうです。


奥のクジャクは年寄りだそうで、トサカがありません。

人間と同じ・・・。歳とともに薄くなっていくそうです。


実学社猛山学校跡

紫陽花がとても綺麗でした。


観光特産センターこかわ


真赤な大門橋を渡った所にある、派手なお土産屋さん。


ここで買ったはちみつ梅(1000円)が肉厚で、とても美味しかったです。


風猛山 粉河寺

和歌山県紀の川市粉河2787

8:00~17:00

駐車場:1日500円

JR和歌山線 粉河寺駅から15分

JR阪和線 熊取駅~バスで45分

関連記事
Trackback

Trackback URL

 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

「ぐるなび」メシコレ
キュレーター

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ