FC2ブログ

ぎゃるまま日記/ギャルママ日記(関西グルメ情報&おでかけ情報)

大阪発!旅行やおでかけ、グルメブログです。人混み苦手なのでメジャーなスポットより穴場が多いです!
2021年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年08月
TOP‐旅行・おでかけ‐兵庫県豊岡市 ≫ 出石城~永楽館~出石家老屋敷(兵庫県豊岡市出石町柳)

出石城~永楽館~出石家老屋敷(兵庫県豊岡市出石町柳)

<<出石町散策~出石皿そば 湖月堂 の続きです。


出石城の方へ行ってみました。


写真は登城橋、登城門です。


昭和43年に復元された東西の隅櫓です。


出石城は1604年に小出氏により築かれ、その後九代(100年)も続いた後は

松平氏が一代(10年)、仙石氏七代(160年)と270年続いたお城だそうです。


お城の方はひっそりとしていて、なかなかこちらまで足を運ぶ人は少ないようでした。

本丸跡にある感能殿


出石藩主の仙石氏の一代目がここに祀られているとの事。

本丸は復元されず、広場になっていました。

本丸の脇道から、有子山神社までの参道へ。


全部で37基の鳥居、157段の階段が続いています。


階段を上り終えると、有子山城跡への登山口に到着します。


有子山は標高321mあり、その山頂にあったのが有子山城だそうです。

お城って沢山あったんですねぇ。


是非見てみたかったんですが、娘も一緒だったので登るのはやめました。


有子山城の方が出石城より時代が古く、室町時代(1574年)の大名、山名氏が築城。

わずか5年で織田軍(秀吉)の攻撃に合い落城し、その後小出氏が

有子山の麓に出石城を築城した事で排城となり、今は石垣だけ残っているそうです。


有子山稲荷神社


江戸時代(1604年)創建。見るからに古いとわかる本殿でした。


稲荷郭からは、出石の町並みを一望する事ができます。


内堀の跡は、綺麗な清流が流れていました。



その後、出石家老屋敷へ


出石藩三家老の荒木家、仙石式部家、仙石主計家の内の、

仙石式部家(仙石左京)の屋敷跡と伝えられているそうです。


私は幕末の細かい大名とか全然知らないんですが、

この左京さんは、江戸三代お家騒動の一つ、「仙石騒動」の中心人物で、

改革派(左京)と保守派の争いがあり、左京さんは処刑され、

出石藩は5万8千石→3万石に減らされたそうです。


屋敷の1階は、主に大名行列などの道具が展示されています。


参勤交代時の大名行列が現在でも伝承され、

出石お城祭りの際に(H21.11.3開催)その様子を見る事ができるそうです。


参勤交代って・・・。必要のない物まで色々と運ぶんですよね。

一度その様子を見てみたいと思いました。

ここは表からは一見平屋に見えるんですが、

隠し二階があり、この階段は完全に隠す事が可能です。


おりゅう灯篭


昔は何十隻もの舟が行き来する船着場があった場所で、

夜の船行きを照らす灯明台として、幕末まで活躍しました。


柳と赤いポスト・・・木製の灯篭が、どことなく悲しい雰囲気。


案内板によると、おりゅう灯篭の由来となったおりゅうさんは、

鎌倉時代の物語に出てくる主人公だそうです。


灯篭の形が、おりゅうと恋人が寄り添っている様子を偲んでいます・・・。との事ですが

全く意味がわかりませんでした。(笑)


永楽館


近畿では最古の芝居小屋だそうです。(H20年大改修済み)

明治34年に開館、昭和39年閉館の後、44年の時を経て、蘇りました。


大人300円、中学生以下は無料で見学が可能です。


座席は座布団というのが昔って感じがしていいですよね。

1つのマスに20人も座るので、じっとできない人には辛いかも・・・。


後ろの方には座席(ざぶとん付き)や、2階席(1マス4人)などもありました。


マスとマスの間の板は、お茶やお弁当などを販売する売り子が通る道なんだそうです。


出石町内のお店の看板


残念ながら、半分以上がお店をたたんでいるそうです。

そういう話を聞くと、ちょっと寂しくなりますね。

太夫座


舞台の端にある小部屋で、三味線や太鼓の演奏をしたり、

義太夫の演奏をする部屋です。


部屋の壁には、演奏者の落書きが沢山ありました。

廻り舞台 セリ


床が丸くくりぬいてあって、下から人力で廻すと、役者が廻る仕掛けになっています。


舞台の下はこんな感じになっていました。


明治時代のセットですから、全部人力っていうのが凄いですね。

色々な工夫がしてあって、とても関心してしまいました。


他にも、人力で舞台下から舞台へ担ぎ上げる花道などもあります。


鳥屋から奈落へ降りる階段。


天井は、上から紙ふぶきを撒くため、竹組みになっています。


面白いなと思ったのは、舞台の2階部分が楽屋になっていることです。



舞台の下には、五右衛門風呂もありました。


復元した今では、時々歌舞伎なども公演されているようです。

廻し舞台などの仕掛けを最大限に使ったお芝居が見られるのではないでしょうか。


つづく


出石永楽館

兵庫県豊岡市出石町柳17-2

大人300円・中小学生以下無料

9:30~17:00(第二・四木曜定休日)


豊岡市立出石家老屋敷

兵庫県豊岡市出石町内町98-1

9:30~17:00

大人100円・小人無料


中国道~吉川JCT~舞鶴自動車道~福知山IC~播東町~出石

山陰本線 豊岡駅~全但バス~豊岡駅

関連記事
Trackback

Trackback URL

 

記事に星があったら…
★☆☆☆☆不満!
★★☆☆☆微妙!
★★★☆☆普通!
★★★★☆絶品!
★★★★★殿堂!
ご参考までに…。^^

関西グルメブロガーズ
「KGB」に参加しています。

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


相互リンク
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ